看護師が転職をする際の流れについて

新人時代、看護師としての教育や研修を受けそれなりに仕事をこなせるようになった時、ふと我に返り、今の自分の仕事環境や業務内容について考える時が来ます。そのような時、自己のキャリアやレベルアップ、野望が芽生えた時などに転職を考えることがあります。この他、結婚や出産で一時職場から離れ再就職を考えた時転職について考え始めることがあります。どのような人であれ仕事をするのであれば、自分の興味の内容、好待遇や好給与、働きやすさ、人間関係のやりやすさなどを考えて就職活動を行います。
より円滑に、より早く、より正確な情報を得たいとも考えるものです。

 

転職は失敗したくないし、就職して良かったと思える環境で仕事がしたいものです。看護師が転職する際の流れについてポイントを押さえておきましょう。

 


自分がどのような職場で、どのような職場環境で、どのような人々と、どの程度の病院規模で、教育体制への希望、キャリア指導への希望、待遇や福利厚生などの希望についてしっかり考えて、どのような看護師でありたいかをまとめてください。これを行うことで、自分の要件にマッチする求人をスムーズに的確に探す手掛かりとなります。逆にこれを怠ると、転職失敗や後悔の残る転職となる場合があります。

 


求人情報の収集には、ハローワークへの登録、看護協会のナースセンターの活用、看護師転職求人サイトの活用ができます。時に、地域での就職を希望する場合は、新聞や折り込みチラシ、求人情報誌に情報記載がある場合もあります。ここでお勧めするのは、看護師転職サイトへの登録です。登録活用無料で就職支援を受けられます。また、求人情報に対しての条件交渉を行い、より好待遇での就職を実現できます。ハローワークとの提携や厚生労働省の指定を受けた安心できるサイトが多くあり、雇用保険や失業保険をうながらの求職活動や、在職中で忙しい場合の求人情報収集の代行や在職中の条件交渉なども行ってもらえます。「ナース人材バンク」「看護のお仕事」「マイナビ看護師」「ナースではたらこ」などが、多くの利用者や実績を誇る厚生労働省認定の機関となります。

 


登録サイトやハローワークなどに希望条件を伝え、何軒かの求人情報を得ます。ここで、自分に合う仕事場や興味のある職場を選択します。疑問や不安について担当者に相談し、本当に就職したいかどうかを再度考えてみて条件に合った求人、就職試験を受けたい病院や施設を選び出します。ここで重要なのが、疑問を放置しないということ。分からないことはとことん確認して、納得できた場合に就職支援を希望してください。妥協は、就職失敗を意味します。この時に、担当者に希望を伝え、条件交渉によりより好条件、好待遇、希望や要望の提示を行います。そうして、就職支援の希望を担当者に伝えることで次のステップに移行します。

 


担当者は、先方と連絡をとり面接日や面接場所の設定を行います。
ここでの注意点は、再就職給付金や、失業保険の給付を受けたい人は、待機期間や内定日などにより不支給になったり、該当とならなくなったりする場合があるので、受けたい支援の条件がクリアできるように要項確認が必要です。これも、登録サイト担当者への確認や、ハローワーク職員の方への確認でトラブルを回避出来ます。

 


必要書類については、担当者が試験日設定の際に確認します。まずは、履歴書や職務経歴書の作成です。内容や、記載方法の注意点をインターネットや、メール、電話にて教えてもらえるのも看護師転職サイトを利用する利点です。なかなか注意点や記載した方が良いこと、記載しない方が良いこと、書き方のマナーなどのアドバイスは受けにくいものです。このような指導をしっかりサポートしてもらえます。

 


筆記試験、適性検査、小論文、面接試験など各病院や施設で内容は異なります。担当者により内容を伝えられ、その内容に応じた採用試験が行われます。試験が終われば、内定待ちです。就職試験は、印象が大事です。面接マナー等についても転職サイト担当者は、助言や指導を行います。身だしなみを整え、清潔感ある容姿で、はきはきと機敏ではつらつとした態度で臨むことで好印象を与えることが出来ます。

 


内定をもらった際、今一度考える時間を持ってください。印象はどうでしたか?勤まりそうでしたか?職場風土は自分に適した環境の空気がありましたか?転職サイトでは、内定後の内定取り消し、御断りの代行をしてもらえます。面接をしてみて印象が違った、違和感を感じるということもあります。そのような時は、勇気を持って断りましょう。我慢しての転職は、自己実現を妨げる原因ともなります。

 


在職中の職場に失礼のないよう退職を伝え、迷惑がかからないよう退職初ましょう。「立つ鳥あとを濁さず」という言葉もあります。節度をもった対応をしてください。

 


新しいユニホームに身をまとい、自分の希望した職場、職種への転職となります。不安もありますが、新しい環境への期待もあります。しかし、その職場では「新人さん」教えてもらう立場であること、教わる姿勢をもって前向きに仕事を開始しましょう。

 

希望と期待を持って、自己実現の為に歩み始めました。慣れるまでは本当に大変で忙しい日々となります。今までの自分の常識が通用しない場合もあります。しかし、自分がその職場の風土になれる、なじむ努力も必要です。教わる姿勢のある人には、教育を担当する人は協力的です。現任のスタッフの指導をしっかりと聞き、自分のこれまでの看護知識や技術をどう生かせるのかを考えながら意欲的になりたい看護師像の実現へ向けて力を注ぎましょう。

関連ページ

転職に成功するには
看護師の転職といっても色んな方法や手段があります。この記事では転職を絶対成功させるポイントを書いていきます。
転職求人サイト活用時の注意事項
看護師求人サイトを登録する上でも注意点が色々あります。この記事では看護師求人サイトを利用する上で危険なことなどを書いています。
退職が多い時期の求人数
退職する看護師が多い時期はいつでしょう?その時期には良い求人が多数掲載される時期でもあります。その謎について記事を書いています。