転職や求職で、まず初めにどこに相談しようかと考えると、雇用保険の失業手続きや離職票提出などの諸手続きが必要となるハローワークです。公共の就職支援機関であり、求人情報や内容に関しても信頼性高く、安心して閲覧することが出来ます。また、就職試験などの手続きや先方への連絡などのやりとりも任せることが出来、一般的に就職や転職と言えばハローワークに出向くことになります。
ハローワークとは、厚生労働省により各都道府県に設置され、国民の「勤労の義務」を果たせるよう、就職や就業に関して情報提供や就職斡旋を行い、雇用の機会を提供する場として運用されています。

 

■ハローワークの事業
@就職希望の人々に対する職業紹介を行う。
新たな就職先紹介と職業相談、就職希望先と連絡を取り、就職試験調整
A雇用保険の失業認定や失業保険の給付、求職者の職業訓練受講や受講費支援
B各事業所に対して雇用促進への指導、休職者の生活諸費用支援
ハローワークは、雇用側と求職者側の中立的立場で運営され、両者どちらかに利益、不利益な立場には立ちません。

 

■ハローワークで求人を探す方法
@ハローワークを訪れる
Aハローワークに登録後、電話連絡をする
Bハローワークのインターネット閲覧サイトを活用する

 

■インターネットで手間無く、時間を有効利用
ハローワークを訪れ、実際に閲覧したり、相談窓口で相談することが一般的ですが、在職中であったり、家庭の事情や自由が利かない状況の場合、わざわざ出向くことが出来ない場合があります。そのような時に活用したいのがインターネットの求人情報閲覧サイトです。24時間、いつでも無料で情報収集が出来、基本情報から個人的な詳細情報まで入力することにより条件にあった情報をパソコンや携帯電話で確認することが出来ます。自分の空いた時間に求職活動が出来、知り得た情報で気になる就職希望先があれば、ハローワークへ相談に行き、詳細確認と就職試験の設定を行ってもらうようになります。情報収集の時間だけでも短縮できれば、スムーズな転職、就職が実現できます。時に、非公開求人があり、事業内容や名称が伏せられているものもありますが、ハローワークに求職者に登録することでその情報も得られます。

 

■インターネットの普及により、求職活動もパソコンや携帯電話を活用し手間無く、円滑に就職活動が出来る時代となりました。公共の就職支援機関としてその内容には、何の疑いもなく信用することが出来るので看護師以外の求職者も、まずはハローワークを活用しています。限りある時間の中でわざわざハローワークへ行く事無く、いちいち相談員さんに相談せず、気にいった求人情報がある時だけハローワークを訪れて相談できるとなると、転職や再就職の意欲も下がることなく就職活動が可能となります。今の職場で満足いかない看護師さん、辞めたいけれど次を見つける暇が無い看護師さん、復職したいけれど家事や育児でなかなかハローワークへ行けない看護師さん、是非インターネット検索サイトでハローワーク求人を検索してみてください。登録していない方でも閲覧可能となっています。一部、非公開求人の確認は出来ませんが、どうしても見たい情報があれば、そこで初めてハローワークへ相談に行けばいいのです。病院や患者さんは看護師さんを求めています。就職活動は大変ですが、インターネットが使えることで少しでも、就職活動の時間を短縮できるはずです。

関連ページ

転職に成功するには
看護師の転職といっても色んな方法や手段があります。この記事では転職を絶対成功させるポイントを書いていきます。
転職求人サイト活用時の注意事項
看護師求人サイトを登録する上でも注意点が色々あります。この記事では看護師求人サイトを利用する上で危険なことなどを書いています。
退職が多い時期の求人数
退職する看護師が多い時期はいつでしょう?その時期には良い求人が多数掲載される時期でもあります。その謎について記事を書いています。
看護師 転職の流れ
看護師が転職する上での流れを説明しています
転職をしたい看護師が求人を探す時のベストな方法
看護師が転職したいと思ったら、まずは求人登録サイトに登録することになると思いますが、登録する前にちょっとみておいてほしい情報を記載しています。
ハローワークで失業保険の給付を受ける方法
看護師がハローワークで失業保険の給付を受ける方法を紹介しています。久しぶりに転職する方や初めての転職という方は是非確認しておいてください
看護師の再就職手当の手続き方法
看護師も再就職手当をもらうことができます。この記事ではその方法を解説していますので、転職される方は参考にしてください。