看護師になるための流れ

看護師になるには、大きくわけて2つのコースがあります。

 

  • @高校もしくは中等教育学校を卒業して看護師になるコース
  •  

  • A准看護師から看護師になるコース

 

@のこースは、高校もしくは中学校を卒業したのちに3年過程の看護師養成所(専門学校)もしくは4年制の看護大学または3年制の看護短期大学を卒業し、看護師国家試験を受験するというコース。
Aのコースは高校もしくは中学校で准看護師の資格(免許)を持つ人、または中学卒業および中学校前期過程修了で准看護師として3年以上の実務経験を持つ人が、2年過程の看護師養成所または2年制の看護短期大学を卒業して、国家試験を受験するというコースです。

 

※看護師国家試験は、年1回(2月頃)厚生労働省が実施しています。

 

また、上記はあくまでも高校および中学を卒業してそのままストレートで看護師を目指す場合ですが、社会人や主婦として働きながらも看護師になれるようアルバイトなどをしながら専門学校等に通ったり、奨学金をうけて勉強をし、受験資格を得ることも可能です。

 

事情によって異なりますが、正看護師を初めから目指すのであれば、@のコースを選んだ方が最短で資格を取ることができます。

 

Aのコースを選ぶメリットとして考えられるのは、病院で働きながら進学コースに進むと病院が2年間の学費を支払ってくれる等、奨学金の様な制度もあるので現時点で自分で学費をすべて払いきれない場合などがあります。なお、その場合卒業後も学費を出してくれた病院に就職し、奨学金を返済するなどの決まりがある事が多いです。

 

ただ、実習が始まるまではアルバイトなどの両立は可能ですが、ひとたび実習が始まると、時間的な拘束や体力、1度の欠席や遅刻が単位に響くため、仕事との両立は難しくなる場合もあります。
また、学校によっては寮がある場合や、通学中は妊娠・出産などを禁ずるところもあるようなので、学校選びの見極めも必要となってくる場合もあります。
なお、准看護師の専門学校よりも、正看護師の学校の方が倍率も高く、偏差値も高くなるため金銭面だけではなく、学力も視野に入れて、進路を考える必要があり、受験する学校や、自身の学力にあわせて受験勉強も必要となります。

看護師の役割について

看護師の役割は、多岐にわたっており医師のサポートや医療行為だけでなく、患者やそのご家族の方が日ごろ悩んでいることや困っていること、わからないことなど直接医師に聞きづらかったり言いだしにくいことを、看護師が双方の橋渡しとして伝える必要があります。そのためには患者やそのご家族に寄り添い、医師には話しにくい体の変化や気持をくみ取ることも看護師の役割の1つと考えます。学会や外来診療、会議などと多忙な医師はとても一人一人の患者と多くの時間を向き合って過ごすことはできませんが、その医師だけではかけてしまう部分を埋めるのが看護師の役割ともいえます。

 

病院内には看護師のほかにもたくさんの医療従事者がいます。ですが、患者にとってどの医療従事者よりも近い存在は看護師です。そのため、患者との信頼関係を築くことも必要となっています。
また、患者のみならずその家族に医師からの言葉を説明する機会も多いため、専門用語をわかりやすく噛み砕いて説明できるようにする、話した内容が正確に伝わっているか、受け止め方がズレていないかなどを表現、タイミング、話し方などで注意しながら伝えていく必要があります。
これは、看護師のみならず医師と患者側との信頼関係にもかかわって来ることなので、慎重にしていく必要があります。
看護師は通常業務以外にも、感染症発生などの緊急事態時や手術時、災害や事故など突発的なアクシデントの際は院外でと、色々な場面でその役割を求められています。

 

時々、ニュースで急病や事故の際にたまたま居合わせた看護師のおかげで命拾いした、一名をとりとめたなどという話を聞きますよね。

 

具体的な場面を挙げて、看護師の役割を見ていきます。

 

まず、感染症などの発生時。
インフルエンザや麻疹、結核や針刺し事故など、事故や流行が予想できる感染症のマニュアル作りや立案、医療従事者の対応を徹底させる。

 

感染症発生時には、アウトブレイクと呼ばれるひとつの国を含んだ内部で流行する感染症や、世界的な感染性の流行であるパンデミックの危険性を視野に入れ、医療従事者の立場から感染を最小限に止めることと患者のケアをします。

 

また、院内感染の場合は外来の人の多く行きかう場所などでは、医療従事者が媒体となる可能性もあるため、徹底した手洗いなどの感染予防が重要となります。

 

手術時の場合
患者は、手術前は一番ナーバスになります。そんな患者の動向を気にかけ、対応するのも看護師の大切な仕事です。
手術の日時が決定してから、当日のその時までの体調管理、もちろん術後の管理もあります。
不安の軽減や、投薬する薬の服用目的の説明、投与。手術時に適した姿勢を取らせるなどさまざまです。
一番重要なのは、患者の取り違えが無いようにすること病棟内に同名の患者がいる場合など、しっかりと確認することが求められます。
また、手術に当たる看護師は別の人になることが多いため、患者の氏名、年齢、血液型や既往歴、現病歴など、手術に際しての必要な情報を伝える必要があります。

 

災害時の場合
災害時や、被災地では急性期の患者の手当や処置が優先されます。しかし、身体に怪我がなくとも被災者や避難所などで生活している人の精神的なケアも求められます。

 

巡回診療に使用する薬品や機材の準備、二次災害や避難所など使用の際の環境、疾病や防疫問題に対する資料つくりなどもしておく必要があります。
また、看護師自身がそういった緊急時に慌てることなく行動できるように、急性疾患などに対処するための知識やスキルを身につけておく必要があります。

関連ページ

看護師の年収
看護師といっても大小様々ありますが、こちらでは看護師の平均的な月収や年収などを紹介しています。
准看護師とは
看護師だけでなく准看護師という職業もあります。こちらの記事ではその准看護師について説明いたします。
看護師の仕事内容
看護師ってどんな仕事をするの?医者とは違う看護師の仕事についてまとめています
国家資格は必要か
看護師になるには国家資格が必要なのでしょうか?ここではその疑問について解説しています。
特定と認定看護師
特定看護師と認定看護師について説明しています。
看護師の話し方
これから看護師になりたいという方向けの記事です。看護師として働いている方も患者さんに嫌がられない話し方を学びましょう
看護師の働き方
看護師といっても働き方は様々です。派遣や短期バイト、パートや夜勤勤務といった働き方もあります。