准看護師とは?

准看護師とは各都道府県知事の免許を受け、医師や歯科医師又は看護師の指示を受けて傷病者、もしくは褥婦に対する療養上の世話又は診療の補助をなすことを仕事とする者をいいます。

 

看護師との主な違いは、『医師の指示なしで業務を行えるか』という点です。
看護師は医師の指示なしに業務を行えますが、准看護師は医師または看護師の指示なしに業務を行うことはできません。
しかし自分の意志で医療判断や治療を下せない点を除いては看護師とできる業務はほぼ同じです。

 

※准看護師は国家資格ではありません。

 

准看護師になる資格のある人

 

  • 看護師の資格試験の受験資格を保有している人
  • 高卒後に知事が定める養成所を卒業した人
  • 高卒後に指定の看護学校で2年間学び修了した人
  • 海外で看護学校を卒業、または、資格取得した人で知事が認定した人

 

 

准看護師になるには主に2通りの方法があります。

 

  • @中学卒業後に専門の養成施設に入り、昼間の学校ならば3年間、定時制の学校であれば4年間勉強をする。それによって准看護師試験を受けることができます。
  • A高校卒業後、昼間の学校であれば2年間で試験を受けることができるようになります。試験は複数の都道府県で受験が可能なため、看護師試験よりは取得しやすくなっています。

 

試験日程や詳しい試験概要、受験の手続きなどは各都道府県ごとの広報や衛生局に問い合わせてみると良いでしょう。

 

試験内容としては、薬物や感染予防や疾病に関する知識が問われるほか、ナースとして病人を看護するための知識全般が問われます。

 

 

准看護師のデメリットとしては中学校を卒業後、養成所に2年間通って試験を受験し合格したとしても、そのままでは中卒扱いとなってしまう事。
また准看護師は昇級も少なく、看護部長や看護師長などの管理職に就く事もまず出来ない事。大病院の中には、看護大学卒しか管理職に就けないところもあるので、注意が必要です。
そして一番のデメリットは給与面。准看護師の仕事は「医師、歯科医師、看護師の指示の下看護業務を行なう」となっていますが、基本的には正看の仕事と殆ど同じです。にもかかわらず給料は約1割も少ないです。

 

また、この資格は将来的に廃止される可能性もありますが、今後高齢化で医療や介護での人手不足もあることから、病院だけでなくホームヘルパーなどの介護面などでも活躍が期待されています。

 

なお、准看護師から看護師に進むことも可能です。この場合、昼間の学校であれば2年間、定時制の学校であれば3年間の勉強を経ることで看護師の国家試験の受験資格を得ることができます。

関連ページ

看護師の年収
看護師といっても大小様々ありますが、こちらでは看護師の平均的な月収や年収などを紹介しています。
看護師の仕事内容
看護師ってどんな仕事をするの?医者とは違う看護師の仕事についてまとめています
国家資格は必要か
看護師になるには国家資格が必要なのでしょうか?ここではその疑問について解説しています。
看護師になるには
看護師になるための流れについて書いています。
特定と認定看護師
特定看護師と認定看護師について説明しています。
看護師の話し方
これから看護師になりたいという方向けの記事です。看護師として働いている方も患者さんに嫌がられない話し方を学びましょう
看護師の働き方
看護師といっても働き方は様々です。派遣や短期バイト、パートや夜勤勤務といった働き方もあります。